はじめに。

 

僕が本当に明確に夢を持ったのが17歳になる時。

 

『部活に入っていなくても、頑張ればプロになれる。それを証明したら本を出す。』

 

と心に誓って、そこから本格的にプロになりたいと思い、夢に向かって走り始めました。
もちろんまだ僕の挑戦は続いています。
これまでに経験してきたこと、夢を叶えるために何をしてきたか、
そんな僕の話をこのホームページを通じて少しずつ伝えていきたいと思います。

 

『バスケ人生を語った本を出す』という17歳の時に掲げた夢への第一歩として、ここまでの道のりを物語にさせて頂きました。

 

よく「どうやって部活をやらずにプロになったの?」と質問をされることがあります。もちろん努力したと言ってしまえば簡単なのですが、少しでも多くの方に僕のこれまでの道のりを知ってもらえれば幸いです。
お時間あるときにでも目を通してみて下さい。