基本的にバスケは天候の関係ないスポーツではありますが、当時ほとんど外で練習していた僕にとっては、天候によって練習内容が大きく変わっていました。

 

「雨の日はどこで練習していたか!?」

 

雨の日ももちろん練習は欠かさずしていました。練習場所は家から歩いて10分ほどに大きな橋があり、そこの下に雨のかからないスペースがあるので、そこでひたすらドリブル練習をしていました!

 

今のように動画でいい練習メニューが簡単に観たりできなかったので、ただひたすらドリブルをつきまくっていました!本当に飽きる事なく雨の日はドリブルだけで4〜5時間は練習していました!今思えばパスの練習にもフォーカスすればよかったです(笑)

 

この時の事を思い返すと、本当にバスケが好きなんだなぁと思いますね!

もちろん今も好きですが!好きなのは当然ですが、やはり1番は『誰にも負けたくない!もっと上手くなりたい』という気持ちですね。この気持ちがなくなってしまったり、満足してしまった時が引退の時なのかなぁと最近は思います。

 

実は橋の下以外にも、もう1つ雨の日に練習していた場所があります。ここは今考えるとものすごい近所迷惑でした。そこはスーパーの駐車場です。周りはマンションだらけ、そこで夜遅くまでドリブル。絶対にうるさかったと思います。当時ご迷惑をかけてしまった皆様本当にすいませんでした。今僕がこの年齢で、客観的に当時の僕を見たら「近所迷惑を考えて練習しろ」と怒りますねきっと!(笑)

 

この当時は練習しないと気が済まなくて、どんな悪天候でも何かしらは必ずやっていました!

 

『ここでサボってる間に、他の誰かが必死で練習してる、そいつに負ける』

 

という気持ちで常にいました!