住んでいた家から学校までが遠く、毎朝5時に起きていました(^^;;

 

学校は朝から昼過ぎには終わるので、スケジュール的には楽でした!!

 

何より学生時代は最低9教科は勉強しないといけないのが、「英語の1教科だけでいい!!」これに僕はすごいテンションが上がり毎日英語の勉強はしていました!!

 

学生時代は英語が苦手だった僕が、最初のテストでなんとクラスで1位🥇そもそも【苦手】じゃなくて、ちゃんと取り組まなかっただけなんだなぁと反省。

 

ある日、練習を終えて家で夜中次の日のテスト勉強をしていた時のことです。どうしても理解のできない文法があり、ずっと頭を抱えて勉強していました。

 

「このままでは明日のテストやばい(~_~;)」

 

焦りながら深夜まで勉強していたら、机で寝てしまいました・・・

 

ここで不思議なことが起こりました💦

 

なんと夢の中で全く同じテキストで勉強の続きをしていたのです!!

 

しかもその夢の中で、あれだけわからなかった問題を理解し、解いていたのです!!

 

朝起きて、慌ててテキストを開けると本当に理解している自分がいました😆

 

次の日のテストはクラスで見事に1位!!本当に不思議な体験しました😏
この話は当然先生達に話して自慢しました笑 信じてもらえてたかはわからないですが笑

 

極力日本語は話さず勉強を毎日していた僕は、英語の成長スピード(会話力)が他の人たちに比べて早い!と先生達に褒めてもらえることが多かったです!

 

こうして、アメリカ生活が終わる頃には日常会話は話せるようになっていました🇺🇸