公園での練習はボールの消耗もバッシュの消耗も本当に早く、ボールも2ヶ月に一回は使い潰していました。バッシュも体育館で使うのに比べると倍以上に消耗が早いので何足も履きつぶしていました。

『一人で何を練習していたか!?』今となっては「自分に足りないところ」、「前の試合、練習でうまくいかなかったところ」など常に考えて、勉強して自主練に取り組みますが、その当時はただガムシャラにドリブルをつきまくる、シュートを打ちまくる、目の前にいる自分イメージした敵とひたすら1on1!とにかく長時間練習に打ち込んでいました。

 

もちろんそれが正しい練習方法なのかどうかはわかりません。自主練も最低でも道徳公園に行った時は4時間以上はやっていました。時間を決めていたわけではなく、時計を見たら気づいたら深夜1:00を過ぎていたという感じでしたね。もちろんこんな遅くまで外で練習するのはダメです!親にも心配もたくさんかけましたし、迷惑もかけてしまいました。

 

冬の寒い日は、家から公園までボールを片手に走って行き体を温めてやっていました!あの時は若さのおかげなのか、寒いのは全く気にならなかったですね。その当時、一番僕が常に気にしていたのは天気予報でした!(笑) 外での練習がほとんどだったので、常に雨が降らない事を祈り天気予報を確認していました!ちなみに僕は晴れ男だと自分で思っています!(笑)

 

当時のまだコートは砂で、リングも正規ではない時の写真がないのでこちらの写真をどうぞ!(笑)
これは、プロ選手になった時に作ってもらったサインです!僕には難しいのでやめました(笑))