まだシーズンは残っていますが、ホーム最終戦の応援ありがとうございました!!

 

ファンの方々によくこう言ってもらえます。

 

「夏さん、八王子に来てくれてありがとう」

 

とんでもないです。お礼を言いたいのは僕の方です。

 

Bleague最初のシーズンの終わりに大怪我をしていまい、2シーズン目はどこにも所属できず。
今シーズンどこにも所属できなかったら引退を覚悟していました。

 

復帰までの道のりは本当に毎日が不安で、諦めるか諦めないか常にギリギリの闘いでした。
ストレスから寝れない日もあったくらいです。

 

そんな中、声をかけてくれて僕を受け入れてくれたのが八王子ビートレインズです。

 

所属した期間は短いですが、僕にとっては特別なチームです。

 

そんな短い期間にも色々な事がありました。

 

それでも応援に来てくれたファンの方々・・・・

 

自分の時間を使いボランティアとして設営して、大変なお仕事で稼いたお金でチケットを買って応援する。これは本当にすごい事だと思います。

 

僕たちプロ選手は別に偉くもないし、そういう人達のことを考えて常日頃から向上心を持ってバスケに打ち込まないといけないと思います。【バスケに人生をかける】これくらいの熱い気持ちがあって、はじめてお金を払ってでも見る価値が生まれる!

 

僕がこうしてまた自分の夢を追えることができるのも応援してくれる人達と八王子ビートレインズのお陰です。

 

本当に感謝しかないです。八王子ビートレインズ、そしてブースターの皆さん。僕を今シーズン受け入れてくれてありがとうございます。

 

まだ終わりではないので僕にできること精一杯やっていきます!!!!